ESGデータ

ESGデータ

省エネ対策と温室効果ガス

地球温暖化防止に取り組むため、各事業所の有効な活動を取り入れながら、CO2排出量の効率的削減に努め、2020年度は、前年比3.3%減少し、削減目標を上回ることができました。
今年度もエネルギーロス削減を図り、削減目標達成を目指します。

CO2削減量(前年比)

2019年度 2020年度
目標 実績 実績
-1% -3.2% -3.3%

温室効果ガス排出量の推移(国内生産拠点 計)

CO2排出量と売上高原単位の推移

CO2排出量と売上高原単位の推移

水使用量の推移(国内生産拠点 計)

水使用量と売上高原単位の推移

水使用量と売上高原単位の推移

サンケングループは、上水、地下水、工業用水の水資源を利用しています。水資源は、大切な限りある資源と認識し、生物多様性および生態系の保護の観点からも、水使用量の削減に努めています。
尚、「水資源の削減」については、工場単位で推進しておりましたが、今後は国内拠点全体として「前年度比原単位1%改善」の目標を設定し、取り組んでいきます。

廃棄物の削減と資源循環

資源の有効利用および枯渇防止の一環として、「ごみの発生抑制」「排出量の削減」「再資源化の推進」を継続的に展開し、国内各拠点での再資源化率99%以上を維持しています。また、本社の廃棄物については、27分類以上に分別し、細かく管理することより、リサイクル化の推進に努めています。
昨今注目されている「廃プラスチック」については、国内指定業者に処理を依頼し、業者は自社で焼却のうえ、発電や乾燥工程に利用しています。処理に関しては、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づき、マニフェストにおける管理を徹底するとともに、定期的に業者に出向いて確認を実施しています。

再資源化

2019年度 2020年度
目標 実績 実績
99%以上 98.3% 99.8%

廃棄物発生の推移(国内生産拠点 計)

廃棄物排出量と再資源化推移

廃棄物排出量と再資源化推移

事業活動と環境負荷

2020年度の国内製造拠点のエネルギー消費量、化学物質などの生産に伴う資源投入量と、二酸化炭素(CO2)、廃棄物などの排出量は下記の通りです。

INPUT(投入量)
【エネルギー 1,522TJ(▲3.6%)】
電力 143,510MWh (▲3.9%)
重油 2,205kL (1.7%)
軽油 8.0kL (─)
灯油 31kL (▲11.6%)
LPG 71t (▲7.3%)
【用水 2,075千m³(▲5.4%)】
上水 302千m³ (▲11.9%)
工業用水 1,057千m³ (▲3.8%)
地下水 722千m³ (▲4.6%)
【原材料】

半導体材料、 金属材、プラスチック材、電装部品、化学薬品、ガス(窒素、酸素など)、ダンボール

【用紙】
コピー用紙 29t (▲22.8%)
事業プロセス

研究開発、
設計、
資材調達、
製造

製品
OUTPUT(排出量)
【大気環境への負荷】
二酸化炭素(※1) 76千t-CO2 (▲3.4%)
硫黄酸化物量 13t (─)
窒素酸化物量 0.008t (─)
【水環境への負荷】
総排水量 1,453千m³ (▲5.4%)
公共用水域 1,357千m³ (▲5.0%)
公共下水道 16千m³ (▲12.4%)
【化学物質(PRTR法報告対象物質)】
大気排出量 7t (-)
水系排出量 0t (-)
廃棄物排出量 24t (-)
【廃棄物】
総排出量 4,507t (▲2.5%)
再資源化量 4,476t (-)
最終処分量 31t (-)

※1 二酸化炭素のうち、電力は電気事業連合会発表値、他は温暖化対策法の値を使用。

労働環境の質的充実に向け、さまざまな取り組みを行っています

当社は、「従業員一人ひとりを尊重し、すべての従業員に公正に接する」ことを経営理念に掲げています。この考えを基本として、当社は従業員の能力開発に必要な機会、安全で働きやすい職場環境の整備に注力しています。

労働力の多様性/Workforce diversity

No. 項目/Question 回答/Answer
1 年度
Year
2021年
2 上級管理職(マネジャー以上)の従業員数
Total number of employees in senior management (managers & above)
123名
3 上級管理職に占めるの女性の従業員数
Number of women in senior management
5名
4 上級管理職に占める女性の割合
Percentage of women in senior management
4.1%
5 女性の取締役人数
Number of women directors on board
0名
6 取締役の総人数
Total number of directors on board
9名
7 取締役会に占める女性取締役の割合
Percentage of women directors on the board
0%
8 総従業員数
Total workforce
890名
9 女性の従業員数
Number of women employees in workforce
165名
10 総従業員に占める女性従業員の割合
Percentage of women employees in total workforce
18.5%
11 新入社員総数
Total number of newly hired employees
17名
12 新入社員の女性従業員数
Number of women employees in new hires
1名
13 新入社員の女性従業員の割合
Percentage of women employees in new hires
5.9%
14 会社の女性従業員の平均雇用年数
Average years employed by the company for female employees
18.2年
15 会社の男性従業員の平均雇用年数
Average years employed by the company for male employees
18.1年
16 女性と男性の平均雇用年数の差
Percentage difference in average employment years for female to male employees
0.6%

当社の各種休職者数は、下記となります。

(単位:名)
2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
産児休暇者数 12 11 8 15 13 3 1
育児休業者数 17 18 19 15 24 10 16

多様な人財獲得への取組み

様々なバックグラウンドを持った人財が集まり、新しい価値観がぶつかりあうことでイノベーションが生まれることを期待しています。外国人や障がい者の積極採用にも取り組んでいるのは、イノベーションが生まれるための施策のひとつです。

また、多様な人財を獲得するためにはそれを受入れる会社の土壌が必要です。前述のダイバーシティマネジメント研修のほか、在宅勤務をはじめとした勤務制度の見直しなども進め、より多様な人財が活躍できる会社づくりを推進しています。

その他、学生が社会に対する理解を深める機会を提供するために、短期~数ヶ月のインターンシップ受入れも行っています。

(単位:名)
※期末時点 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
新卒採用数 16 28 17 22 24 18 17
(内、外国人) 6 7 3 7 5 6 2
中途採用数 9 7 25 18 7 25
障がい者雇用数 35 34 33 31 29 26 21
インターン数 19 19 23 20