ESGファイナンス

ESGファイナンス

サステナビリティ・リンク・ローンの契約締結に関するお知らせ

2021年 9月27日

サンケン電気株式会社(本社:埼玉県新座市、以下「当社」)は、本日付で株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行、株式会社みずほ銀行、株式会社三菱UFJ銀行、株式会社三井住友銀行、株式会社八十二銀行とシンジケート方式によるサステナビリティ・リンク・ローン(以下「SLL」)契約を締結しましたので、下記のとおりお知らせします。

SLLとは、ローン・マーケット・アソシエーション(以下「LMA」)等が定めたSLL原則に準拠し、会社が野心的なサステナビリティ・パフォーマンス・ターゲット(以下「SPT」)を定め、その達成状況と金利等借り入れの際の条件を連動させることで、サステナビリティ経営に取り組むコミットメント力を高め、その達成を通じて環境・社会面において持続可能な経済活動の成長や促進を目的とするものです。

当社は、「エコ省エネ製品の開発・生産・販売を通じた、省電力化、及び高効率化へ寄与する取り組み」、及び「本業を実践するうえでの環境負荷低減の取り組み」の2つをマテリアリティとして特定し、高い信頼性と最先端の技術を用いたパワーエレクトロニクス製品の開発・生産・販売を通じて持続可能な社会の実現に貢献することとしています。その一環として、今回締結したSLL契約においては、温暖化防止への強い社会的要請を踏まえ、中長期的に環境負荷低減を実現させる実効性の高いマイルストーンとして、「2020年度対比のCO2排出量削減率(スコープ1,2※)」をSPTに定めました。

今回の資金調達を通じて、当社は、環境に貢献する製品をグローバルに展開する本業の益々の推進と併せ、生産に必要な電力使用のCO2排出量削減に向けた施策を展開していきます。具体的な施策として当社グループ企業である石川サンケン堀松工場において工場内設備の省エネ化だけではなく、敷地内森林の整備、太陽光発電所の設置、水力発電由来のクリーンエネルギーなど、再生可能エネルギー活用への取り組みを通じて堀松工場でのCO2排出ゼロ、「カーボンオフセット」の実現を図る予定としています。またグループ各社におけるCO2削減への取り組みを加速させる予定です。

本SLL契約の概要

契約締結日 2021年9月27日
期間 3年
借入金額 100億円
資金使途 長期事業資金
貸出人 りそな銀行(アレンジャー)、埼玉りそな銀行(コ・アレンジャー) みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、八十二銀行
KPI CO2排出量の削減率
SPT 当社及び国内連結子会社における1事業年度あたりのCO2排出量削減率(総量ベース、スコープ1,2※)を、2021年度3%、2022年度11%、2023年度12%とする(2020年度対比累計12%)。
  • ※ スコープ1:事業者自らによる温室効果ガスの直接排出
  • ※ スコープ2:他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴う間接排出
    本SLL契約は、株式会社日本格付研究所(以下「JCR」)から、LMA等が定めたSLL原則、及び環境省による「グリーンローンおよびサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン」への適合性、設定したSPTの合理性等について第三者意見を取得しています。
    詳細につきましては、JCRより公表されておりますリリースをご参照下さい。
    https://www.jcr.co.jp/greenfinance/sustainability/topic/

以上