Person

職種紹介

サンケン電気の募集職種と主な業務内容をご紹介します。

募集職種のイメージ図
募集職種と専攻分野対応表

研究・設計開発

回路設計

回路設計の業務には、エネルギーマネジメント技術の基礎となる電気回路・アナログ/デジタル電子回路・プログラム技術、さらには発熱・電流・機械強度等の総合技術知識が求められます。これらの知識を活用して、主に次の2分野の製品設計を担当頂きます。

①ハイブリッドIC製品
製品仕様から全体回路ブロックを設計し、個々の部品となるモノリシックIC内部の回路設計や、適合するパワー素子の選定設計を行います。

②単独パワー素子のディスクリート製品
アプリケーション回路動作への適合性について回路動作解析・評価を行い、最適性能素子としての仕様構築などを行います。

素子開発

半導体チップを製造するためのプロセス開発やチップ設計を行うためには、主に物理学、化学と、これらの応用学問、材料工学等の知識が必要とされます。
また製造装置の開発・活用では、電気電子回路、プログラム技術、統計・数学等の知識が求められます。
これらの知識を活用して、パワー半導体チップの構造設計やプロセス設計、モノリシックICチップの回路設計、チップ表面のレイアウト設計等を担当頂きます。

パッケージ開発

単独または複数のパワー半導体チップやモノリシックICチップを内蔵するパッケージの設計と、製造ラインや製造装置の設計・開発を行います。特に機械工学、材料工学、化学・物理学などの基礎技術を活用した発熱、電流、機械強度、化学強度等の知識が必要となります。これらの知識を活用して、主に次の2分野の開発業務を担当頂きます。

①パワー半導体としての低熱抵抗、大電流、機械強度等を確保できるパッケージ設計と製造技術開発

②半導体と一般受動部品を内蔵した機能モジュール製品のパッケージ設計、製造技術開発

生産技術

量産加工技術

半導体チップやパッケージを工場で大量かつ安定品質の製造が実現される様、様々な条件から最適工法を見出し、加工技術の向上を図るのが主な業務です。機械工学、材料工学、化学・物理学などの基礎技術のほか、統計学等の知識を活かして、製造装置の保守管理、各工程や完成品での品質検査、材料検査、化学薬品処理、加工結果のバラツキや歩留まりの技術改善を担当頂きます。

製造ライン構築

工場におけるチップやパッケージの製造は、多くの工程の連鎖により成り立っており、これらの生産ラインの設計・開発が品質や価格における重要なファクターを決定します。特に、チップ製造ラインでは製造装置の効率的な活用やロボット技術が、パッケージ製造ラインでは、パッケージの効率的な生産方法や製造フローを開発することが重要となります。
最も効率のよい生産を構築させるためには、機械工学・材料工学・電気電子工学のほか、統計や情報工学等の知識が必要となります。また、遠隔操作技術やロボット工学技術を活用して、無人化・省人化を達成した最先端製造ラインを開発することも求められます。

営業・管理

調達

モノづくりで必要とされる原材料や部品製造装置などの調達・購買が主な業務です。
市場状況の変化による影響を最小限に抑え調達を行うことは、安定した生産・供給・利益創出に繋がります。また、環境負荷の少ない資材の製品を優先的に購入するグリーン調達の推進を行っています。全学部・全学科を対象としており、文系出身者が多数活躍していますが、購入する部材や装置によっては化学や機械の知識が求められることもありますので、理系出身の方も歓迎です。

生産管理

営業部門の受注情報を基に、工場への生産指示を出し、生産数量・生産工程をコントロールしていくことが主な業務です。最適生産を目指すことによって損失を最小限にし、利益率を向上させます。安定した生産と供給を裏で支える、重要な役割を担っています。

営業

国内外にいる幅広いお客様に向け、開発部門と協力しながら販売を行うことが主な業務です。ただ売るだけではなく、お客様のパフォーマンスを最大限引き出すため、様々な角度から提案を行うことが求められます。
文系出身者が多いですが、理系出身者も多数活躍しています。

コーポレートスタッフ

法律・法令を遵守した会社運営を行うための業務を担っています。経営企画、CSR活動、知的財産管理、人材の採用・教育、各種社内制度の企画・運用、財務会計、株主対応等、会社の事業運営を行っています。