Culture

教育研修

社員の成長は会社の成長に繋がるという考えの下、教育研修を積極的に行っています。

教育研修のグラフ

選抜教育

  • 次世代リーダー研修

    将来の経営幹部候補者を選抜し、経営者として必要な知識・視野・リーダーシップ等の習得のための研修を継続的かつ計画的に実施しています。

  • Global career development

    語学だけでなく、異文化におけるビジネス習慣や技術や知識の習得のための海外研修を実施し、グローバル人材およびグローバルリーダーの育成に取り組んでいます。

  • 女性キャリア支援研修

    ダイバシティー推進の一環で、女性活躍推進のためのキャリア研修を2013年3月からサンケングループ共催で実施し、女性が活躍できる企業風土づくりを行っています。

教育研修のイメージ

階層別研修

各階層に相応しい知識を身に付けるための研修を実施しています。昇格進級に伴った研修を実施することでスムーズなキャリアアップを支援しています。

キャリア研修

社員一人ひとりに合った将来のキャリアプランを見出すため、30代、50代と、年齢の節目に研修を行っています。

語学教育

グローバルな事業展開を支える人材を育成するために、語学教育を積極的に実施しています。英語はもちろん、それ以外の言語についても学ぶことが出来ます。

新入社員研修

学生から社会人へのマインドの切り替えや基本的なビジネスマナーを身に付ける研修に始まり、会社について理解を深めるための座学講座や生産実習を行います。研修後の配属ではOJTトレーナーの指導等を通じ、実際に仕事を覚えていきます。1年経過した時点でフォローアップ研修を実施し、ビジネスの第一線に出るための最終的な準備をしています。また、入社から1年間、英会話研修を必須としています。ネイティブの講師を社内に招き、1クラス4~5名程度で会話を中心として実施しています。

職種別研修

技術、営業、事務と職種ごとに必要とされる知識や技術力を高めるために、それぞれの部門で研修を行っています。外部から大学講師等を招き見識を深めたり、社内にいるスペシャリストが講師となり担当業務に直結する技術やノウハウを伝授し、仕事力の底上げを図ります。