About

歴史と理念

1937年、旧東邦電力(株)の創立50周年記念事業として、当時同社の社長であった故松永安左ヱ門氏により、実際の社会に役立つ産業開発を行うことを目的とする科学的試験研究機関として(財)東邦産業研究所が創設されました。
同研究所の半導体研究室主任であった故小谷銕治氏は、終戦により解散となった同研究所の技術者と設備を継承し、1946年、東邦産研電気(株)を設立。その後1962年に現社名であるサンケン電気(株)へ社名を変え、現在に至ります。

研究機関が事業の始まりだったためか、研究に対する真面目で真摯な風土が今もなお強く息づいています。エレクトロニクス産業とともに成長し、パワーエレクトロニクス分野のメーカーとして確かな地位を築いてきました。これからもパワーエレクトロニクスの分野で革新者であり続け、独創的で先進的な製品の開発に挑戦し続けていきます。

サンケン電気設立の背景

  1. 1937年

    サンケン電気の前身である「東邦産業研究所」 創設

    戦前の電力会社旧東邦電力(株)(中部電力(株)などの前身)の社長であった故松永安左ヱ門氏により、社会に役立つ新興産業の開発を目的として創設された。

    松永安左衛門

    松永安左ヱ門
    実業家 東邦電力(株)
    *サンケン電気50年史より

  2. 1946年

    「東邦産研電気株式会社」設立

    東邦産業研究所の半導体研究室主任であった故小谷銕治氏は、終戦により解散となった同研究所の技術者と設備を継承し東邦産研電気(株)を設立。研究所時代から続く亜酸化銅、セレン整流器での成果をもって半導体専業の工場を創設した。

    小谷銕治

    小谷銕治
    東邦産研電気(株) 社長
    *サンケン電気50年史より

  3. 1962年

    現社名「サンケン電気株式会社」へ商号変更

サンケン電気の“サンケン”は
“産業研究”が由来となっており、
戦後日本の黎明期に産業発展のために
設立された研究所が基礎となっている会社です。

創立宣言

  1. 吾等は半導体工業に専念し
    吾国産業の発展に寄与する

  2. 吾等は関連企業と提携協力して
    企業相互の繁栄を計り
    吾国経済の発展に寄与する

  3. 吾等は全社的結合の下に
    明朗にして文化的な生活環境の
    実現を期し吾国文化の向上に寄与する

経営理念

私たちは、半導体をコアビジネスに、パワーエレクトロニクスとその周辺領域を含めた最適なソリューションを提供することを使命とし、世界各地の産業・経済・文化の発展に寄与する。

私たちは、常に技術力と創造力の革新に努め、品質の確かさを追求する。さらに顧客と価値観を共有し、独自の技術をもってグローバルに事業を展開する。

私たちは、従業員一人ひとりを尊重し、すべての従業員に公正に接する。また、従業員は信頼される個人、そして企業人として成長するよう努める。

私たちは、技術と創造を重んじる企業人として、高い倫理観に依って業務を遂行し、公正さと高潔さをもって顧客や取引先に対して接する。

私たちは、株主のために会社の価値を最大限に高め、社会的な責任を果たし、環境との調和に努める。

サンケン電気の創立宣言や経営理念は、
モノづくりの視点だけではなく、
世界の産業の発展、経済の発展、
文化の発展に貢献することを謳い、
その精神は社員一人ひとりに
受け継がれています。