採用情報

ダイバーシティ・働きやすい会社を目指して

ダイバーシティ

サンケングループでは、「従業員一人ひとりを尊重し、すべての従業員に公正に接する」ことを経営理念に掲げています

次世代育成支援行動計画

「次世代育成」への企業の取り組みとして社員が仕事と子育てを両立し、働きやすい環境を作ることにより、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように策定する

計画期間 令和2年4月1日から令和7年3月31日までの5年間

目標1 子どもの出産時に父親が取得できる出産特別休暇(5日間)の取得率を90%以上とする

対策

令和2年4月 未取得者の調査を行い対策を実施
令和2年5月 全社員に出産特別休暇制度の周知を行う(定期的な調査を行い対策を策定)

目標2 有給休暇付与日数に対し、年間有給休暇取得率70%以上。

対策

令和2年4月有給休暇取得状況の定期開示を行い、管理者へ取得促進を促す

目標3 時間有給休暇制度を導入運用(年次有給休暇付与時に特別有給休暇として全員に2日間を付与し取得率を80%以上)

対策

令和2年4月制度導入準備
令和2年5月導入運用開始

目標4 小学生を対象に、物づくり教室の年2回の開催

対策

令和2年4月 地域の状況把握と教育委員会との協議、内容の検討をおこなう
令和2年8月 夏休みは輪島市または鳳珠郡で実施、冬休みは志賀町で実施

「女性活躍」への企業の取り組み

男女問わず活躍できる会社を目指し、次のように策定する

計画期間 平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間

目標1 女性の管理職および候補者を8名以上にする

目標2 育児介護制度を周知し、男性の育児介護休暇の取得促進を行う

目標3 有給休暇の取得しやすい職場環境の整備を行う

社員の平均勤続年数

2017年度 女性の雇用増加で平均勤続年数が下がりました
今後も長く安定して働ける職場づくりを目指していきます図 社員の平均勤続年数

障がい者雇用について

当社では積極的な採用を行っており、さまざまな部署にて活躍されております