HOME > CSR情報 > コーポレートガバナンス > CSR体制/組織体制

CSR体制/組織体制

誠実で存在感のある会社を目指し、管理体制の充実を図っています
誠実で存在感のある会社を目指し、管理体制の充実を図っています

CSR体制

当社は企業価値の向上と社会的責任(CSR)を果たすため、経営目標の設定ならびにその執行を適正に行う仕組み(コーポレートガバナンス)の充実を図っています。

コーポレート ガバナンス体制

当社は会社の運営に必要な機関として、「取締役会」「監査役会」「会計監査人」を設置しています。
また、執行役員制度の導入による経営と執行の分離、内部監査および内部統制評価によるコーポレートガバナンス体制の整備を進め、経営の透明性の向上に努めています。

会社の機関とその状況

  • 取締役会
    経営上の意思決定機関で、経営戦略や経営目標などを決定します。
    事業年度の経営責任の明確化を図るため、任期は1年で取締役に就任しています。
  • 監査役会
    取締役の業務執行状況やその他の業務管理体制を監視する職務を負い、社外監査役も就任しています。
  • 会計監査人
    当社は、新日本有限責任監査法人による外部監査を受けています。

コーポレートガバナンス体制図

組織体制

当社は責任ある企業活動の推進によって企業価値の持続的な向上を図ります。CSRの組織全体への浸透と実践に向け、「CSR委員会」が組織横断的な専門組織としてCSR活動の推進を行っています。

CSR委員会

CSR委員会は、各本部長が委員として任に当たり、グループ全体のCSR活動を統括しています。

内部統制推進委員会

金融商品取引法が定める、財務報告の信頼性が確保される体制を維持・推進するため、CSR室長を委員長とする内部統制推進委員会を設置し、当社およびグループ会社の各部門における業務の点検を支援するとともに、全社レベルおよび業務プロセスレベルにおける統制活動の有効性を審査・評価しています。
2018年度の内部統制活動としては、業務プロセスのコントロール項目の見直しと評価作業の効率化を重点的に推進してまいりました。

内部監査

当社は、「コンダクトガイドライン」(行動基準)を基本に倫理法令遵守、リスクマネジメント、不正の抑止と発見、経営の効率化を目的とした「内部監査」および「モニタリング」を実施しています。監査手法としては、リスクアプローチに基づく重要性、影響度を評価した上で選定したテーマを重点的に監査し、また、コンピュータ利用監査技法(CAAT)の活用範囲を広げ、経営者のニーズに合った内容での監査を実施することにより、内部監査の付加価値の実現(改善提案)を図り、経営リスク管理を支援・推進しています。
内部監査の結果は、経営層ならびに監査役に報告され、当社およびグループ会社の業務やシステム並びにこれらの管理方法の是正・改善に反映されます。
また、基幹システムに蓄積されたデータを定期的に分析するモニタリングを通じて、事業活動を観察し、異常値を発見した場合には現場部門にフィードバックをして改善を促すこととしています。

内部通報制度(ヘルプライン制度)

サンケン電気と国内のサンケングループでは、会社内の不正行為、違法行為、社内規程違反、ハラスメント等を早期に発見し、是正することを目的として内部通報制度を設けております。
この内部通報制度は、職制を通じて報告・相談が困難な場合の利用を想定しています。
内部通報制度の通報窓口は、社外の第三者機関に委託して、匿名性を確保し、CSR室に「匿名」で通知されてきます。
CSR室では通報内容を調査して、問題が確認されたものに対して是正処置を行い、問題解決にあたっています。
また、この制度において内部通報したことを理由とした、通報者及び調査協力者に対する不利益な取り扱いを禁止するなど、通報者及び調査協力者の保護に配慮し運用しております。

コンプライアンス教育

e-ラーニングや小冊子を使ったコンプライアンス教育の実施、身近な事例に基づくコンプライアンスマガジンの発行などにより、当社およびグループ会社社員のコンプライアンス意識の醸成、浸透を図っています。

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.