HOME > CSR情報 > SDGsへの貢献

SDGsへの貢献

サンケン電気のSDGsへの貢献 持続可能な社会を支える企業として
サンケン電気のSDGsへの貢献
持続可能な社会を支える企業として

SDGsに対する考え方

2015年に国連で採択され、「持続可能な世界を実現する」ために経済・社会・環境の側面でバランスが取れた社会を目指す必要があるとの認識のもと定められた世界共通目標です。
具体的には2030年を目標達成期限とし、17のゴール(目標)と169のターゲット(達成基準)で構成され、国や企業などすべての関係者が役割を果たすことが求められています。サンケン電気としてもグループ全体でSDGsに取り組んで参ります。

サンケン電気の経営理念に掲げる「半導体をコアビジネスにパワーエレクトロニクスとその周辺領域を含めた最適なソリューションを提供することを使命とし、世界各地の産業・経済・文化の発展に寄与する」という考え方は、SDGsの「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」および「産業と技術革新の基盤をつくろう」という目標と合致しており、事業の推進がSDGsの貢献へ繋がるものと考えています。その上でSDGsの各ゴールを深く理解し具体的な行動に繋げることで、ビジネスリスクの軽減や新たなビジネスチャンスの創出を図りたいと考えています。

当社のCSR活動を展開するにあたり、事業を通じての社会貢献、法令遵守・人権擁護、環境保全、地域貢献の考え方を「サンケングループCSR基本方針」に取りまとめました。
この「サンケングループCSR基本方針」の考え方に基づき、SDGsの具体的な行動計画を展開します。

推進組織

SDGsをサンケングループ全社展開する推進機関として、「SDGs推進会議」を設置し、SDGsの具体的な行動計画の立案や推進および事業計画への取り込みなどを確認します。
SDGs推進会議の審議内容は、CSR委員会を経て経営に報告/審議されます。

取り組み

現状の分析から行動計画を立案し、定期的に進捗確認を行い、その結果をもって新たに計画を見直すといったPDCAを実践します。
また、SDGsの理解を深めるため、経営層をはじめ社員への教育を様々な形で実施します。

当社施策とSDGsゴールの関係

  •  
  • 目標
  • サンケングループの取り組み
  • 取り組み項目「CSR活動」
    WEBサイト掲載箇所
  • 3 すべての人に健康と福祉を
  • あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する。
  • 社員の健康増進と家族の幸福を目指しヘルスオリエンテッドカンパニーの実現を目指しています。

    会社構内の全面禁煙化を実施しています。

    社員の健康維持として社内でのインフルエンザワクチンの接種を進めています。

  • 健康経営
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • すべての人々への包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。
  • 当社LED製品の一つである「ペットボタル®」を使い「ものづくりの楽しさ」「環境保護の重要さ」を伝える次世代環境教育を行っています。

  • 社会とのつながり
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する。
  • 再生可能エネルギー設備を導入しています。

    途上国等に発電・蓄電システムの提案を行い、エネルギーのアクセス確保に寄与しています。

  • 川越工場 福島サンケン 発展途上国の支援
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用(ディーセント・ワーク)を促進する。
  • 働き方改革を通じて効率の良い働き方を進めています。

    安心・安全な職場環境のため労働災害や通勤災害の低減に努めています。

    交通事故防止のため様々な施策を展開しています。

  • 働き方改革 職場の安全と安心への取り組み
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 強靱(レジリエント)なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及びイノベーションの推進を図る。
  • エコ省エネ製品の開発販売を当社事業の中核とし、高効率、高品質な製品の提供を通じて省エネ社会、新エネルギーへの転換に貢献しています。

  • 環境対応製品
  • 11 住み続けられるまちづくりを
  • 包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市及び人間居住を実現する。
  • 大気汚染防止管理、廃棄物管理、リサイクル化、ゼロエミッションを推進しています。

  • 環境パフォーマンス ISO14001の活動
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 持続可能な生産消費形態を確保する。
  • 製品含有化学物質の管理し、化学物質を削減しています。

    使用材料を管理・縮小化、廃棄物の発生を削減し、リサイクル率を高めていきます。

    廃プラスチックの処理は国内専門業者に委託し、委託業者内で焼却処理を行い、発電・乾燥に利用しています。

    「マイカップ・マイ水筒運動」で社内のプラスチックごみの削減に努めます。

    効率的な生産を進めるため、「自動化」、「画像化」の推進を行っています。

  • 化学物質の適正な管理 環境パフォーマンス マイカップ・マイ水筒運動 効率的な生産体制
  • 15 陸の豊かさも守ろう
  • 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する。
  • 当社社員住環境の周辺自然の保護や清掃活動を行っています。

    ビジネス活動で使う紙を削減することで、間接的な森林保護活動を行っています。

    石川サンケンの堀松工場敷地内の自然環境の保全に努めています。

  • 事業活動と環境負荷 自然環境の保全
  • 16 平和と公正をすべての人に
  • 持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する。
  • 資材取引先様とも連携し紛争鉱物のリスクを特定・評価し、責任ある鉱物調達を行います。

  • 資材調達基本方針
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.