HOME > CSR情報 > 活動報告 > 社会とのつながり(2018年)

社会とのつながり

私たちは、良き企業市民として、あらゆる事業活動において地域社会の文化や習慣を尊重しつつ、地域社会と協調し、教育活動やボランティア活動、地域振興事業への支援を通して、相互信頼関係を築き地域社会の持続的な発展に寄与します。

サンケングループCSR基本方針より

埼玉りそな銀行様とのCSRコラボサンケン電気お客様との関わり

開催日:2017年8月29日(火)
場所:埼玉りそな和光支店

毎年好評を博している「りそなキッズマネーアカデミー」に2018年もお招きをいただきましたが、天候不良のため残念ながら中止となってしまいました。

2017年は8月29日に実施し、2019年も8月7日に開催する予定です。毎年、埼玉りそな銀行様の「お金の教室」と当社の「エコ省エネ」、「LED工作」を行っています。
毎年難易度がUPした座学にも、元気いっぱいに回答をしてくれたり、『LED「ペットボタル®」工作』も熱心に取り組んでいただきました。

こうした異業種との協同イベントは、次世代人材育成として、SDGsのゴールとも合致した貴重な取り組みと認識しています。

夏休み親子LED体験教室2018福島サンケン社会・地域との関わり

開催日:2018年8月4日(土)
場所:福島県二本松市 市民交流センター

福島県二本松市に拠点をおく福島サンケンは、地元の工業高校の生徒とのコラボイベントとして、2018年8月4日に「夏休み親子LED体験教室」を開催いたしました。今年で9回目となる当コラボですが、LEDを手作りするという内容を実施いたしました。

開催場所である「市民交流センター」には同様32名が集まり、親子で真剣にLEDの製作を行っていただきました。地元新聞の「福島民報社」にも取り上げていただき、大盛況に終えることができました。

第20回 小学生ものづくり教室2018石川サンケン社会・地域との関わり

開催日:2018年8月24日(金)
場所:石川サンケン

2018年8月24日、石川サンケンによる「第20回 小学生ものづくり教室2018」を開催いたしました。地元の小学5、6年生を対象にLEDライト(防犯ブザー付)の工作を町野工場で行いました。
半田付けなどの基盤づくりからスタートしましたが、子供たちは熱心に取り組み、完成後にはものづくりの楽しさを感じてもらえたようでした。昼食は、社員と同じものを食べていただき、午後は工場見学を行いました。

東根市内 LED「ペットボタル®」教室山形サンケン社会・地域との関わり

開催日:2018年9月12日(水)〜11月8日(木)
場所:東根市小学校 6校、中学校2校

2月より開催される「ひがしねウィンターフェスティバル」に向け、東根市内小中学生よりご協力頂き、『LED「ペットボタル®」』工作教室を開催しました。工作教室は出前授業形式で、9月12日〜11月8日の期間10回に分けて実施しました。

市内の小中学生を対象に6つの小学校と2つの中学校で総勢359名の学生が参加してくれました。

消費生活展(かすみフェスタ)へ出展鹿島サンケン社会・地域との関わり

開催日:2018年10月13日(土)〜14日(日)
場所:神栖市市民体育館周辺

2018年10月13日〜14日、神栖市市民体育館周辺にて「エコと省エネについて考え、「ペットボタル®」を作ろう!」のテーマで講座と工作を実施し、2日間で138名のお子さんたちが参加しました。

市民と企業や団体の触れ合いの場として盛り上がりを見せている神栖市のイベント「消費生活展(かみすフェスタ)」へ今年も出展しました。

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.