SPUシリーズ

容量:[30kVA][60kVA][100kVA] SPU

パラレルプロセッシング方式の採用により、高効率97%で業界最少、最軽量を実現。
常時インバータ給電方式のUPSと比べ、発熱量とCO2の大幅な削減とランニングコストの低減で地球環境に貢献する高信頼UPSです。

特長

パラレルプロセッシング(双方向変換)方式採用で高効率・省エネを実現
  1. 高効率・省エネ

    • 運転効率は高効率(97%、当社常時インバータUPS100kVAは90%)を実現。
  2. 低ランニングコスト

    ※一年間のランニングコストの削減量(当社常時インバータ給電方式と比べた場合)
    • 30kVA:約15万円削減。
    • 60kVA:約37万円削減。
    • 100kVA:約63万円削減。
  3. 発熱量とCO2削減で環境保護に貢献

    • 100kVAの場合、発熱量は当社常時インバータ給電方式に比べ、約70%低減。
    • 100kVAの場合、電力使用量をCO2に換算すると年間23t削減。
  4. 小型・軽量・省スペース化

    • 小型、軽量化および保守バイパス回路内蔵化により、設置面積48%、質量50%削減(当社比/常時インバータUPS100kVA)。
無瞬断・高速動作で高信頼バックアップ
瞬時停電検出および双方向変換機の高速動作により無瞬断でバックアップ。
また独自の停電検出法を採用し、負荷への悪影響、バッテリ放電回数を抑制。
高調波補償機能搭載、入力電流は正弦波
アクティブフィルタ機能により、負荷設備側の高調波電流を抑制。商用電源側への入力電流が正弦波になるよう制御可能。
過負荷耐量(700%)のためモータ負荷でも安心
商用運転時、700%(2秒)の過負荷耐量のため、起動容量の大きいモータ負荷にも安心して使用可能。
プラグインユニット構成でメンテナンスが容易
主変換部(電力変換部とACスイッチ)は、プラグイン着脱ユニット構成のため、メンテナンスが容易。
長時間バックアップにも対応(オプション)
延長バッテリにより最大3時間(標準は5分または10分)。
操作性に優れた見やすい液晶運転表示パネル
各種設定を行ったり運転状態を表示する操作表示パネル。高精度デジタルによる漢字表示や系統グラフィック表示で、液晶ディスプレイに運転状態や動作記録を判り易く表示します。
※バッテリ、冷却ファンともに点検・交換作業を弊社にて承ります。最寄りの営業所までお申しつけください。
  • 記載内容は製品改良のためお断りなしに変更することがございますのでご了承ください。
  • 掲載商品の色合い等は、実際の商品と異なる場合がございますのでご承知おきください。
  • 本情報に記載されている会社名または商品名は、各社の商標または登録商標です。
ページトップへ
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.