フライホイール蓄電システムを用いた
電源ソリューション

1.概要

フライホイール電力貯蔵装置はケミカルレスであるため、以下の利点があります。

  • 低温での特性劣化がなく,高温環境での連続使用が可能です。
  • 充電と放電を頻繁に行っても特性劣化や寿命劣化はありません。
  • 高温環境でも,長寿命(15年以上)です。サイクル回数の制限がありません。
  • 鉄とアルミと銅でできているため,廃棄時の環境負荷を軽減します。
  • SOC(State of Charge):充電状態が確実に管理できます。

このような特長をフライホイールを用いることで,下表に示すような課題に対してソリューションを提供することができます。


No. 課題 ソリューション 特徴
1 キャパシタ方式では、補償時間0.5秒〜1秒のため不安がある。 フライホイールによる瞬低補償装置
・常時商用方式
・装置容量:10kVA〜200kVA
・数秒から数分程度のバックアップ時間が 実現できます。
・期待寿命は15年以上です。
2 発電機が動作するまでの間はバックアップして欲しいが、鉛バッテリ式ではバックアップ時間が長く、寿命が短い。
キャパシタ方式ではバックアップ時間が短いため、発電機が動作するまでにバックアップすることができない。
3 無瞬断で運用したい機器があるが、電源に電力を回生するため、既存のUPSでは回生電力を吸収できないため使用できなかった。フライホイールによる回生対応UPS
・給電方式:常時インバータ方式
・装置容量:10kVA〜200kVA
・回生エネルギーを吸収可能です。
・鉛バッテリを併用することが可能です。この場合、5分〜10分程度のバックアップ時間を確保できます。
・寿命は15年以上です。
4 再生可能エネルギーの導入量を増やしたいが、系統に影響を与える問題がある。 フライホイールによる電力平準化装置
・装置容量:10kVA〜1000kVA
・フライホイールは環境変化につよいので、寒いところから暑い場所でも使用可能です。
・風力発電システムなど出力変動が大きい系統に対して、柔軟に補償可能です。
5 ローカル系統において、再生可能エネルギーの導入量を増やしたいが発電機の調整能力が低く,系統の周波数や電圧が変動する。

2.構成例

①フライホイールによる瞬低補償装置



②フライホイールによる回生対応UPS


③フライホイールによる電力平準化装置



3.フライホイールの活用方法に関する問合せ先

フライホイールを用いた電源システムは、お客様の対象装置、システム、考え方により、システム構成が異なります。システム構成に対し、お問い合わせがある場合は、下記問合せ先に連絡いただけるようにお願いいたします。

【問合せ先】
サンケン電気株式会社 営業本部 PS 営業統括部
電話番号 03-3986-6157 (産業インフラグループ)
Fax 番号 03-3986-2650
e-mail upssales@sanken-ele.co.jp

ページトップへ
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.