直流電源装置

高度な情報・通信化社会を支える直流電源装置

| 特長 | 用途 |

情報化社会の中核をなす通信、ネットワークシステムが飛躍的に発展する中、移動体通信などに必要な基地局の通信機器や交換機には、高品質・高精度の安定した直流電源の供給が欠かせません。サンケン直流電源装置は、永年にわたり培った電源回路技術と安定化電源の開発ノウハウをもとに、電力・発電制御やプラント制御をはじめ、衛星基地局や交通監視システム、防災無線などの公共基幹ライフラインまで、幅広い用途で活躍しています。

特に、最新のスイッチング方式を採用したユニットでは、高効率・小型化によりトップクラスの省スペース化を実現。また、大きな電力ロスを招く入力高調波電流を徹底して抑制した省エネ設計で、これからの電力消費の増大が予測されるマルチメディア時代に向け大きく貢献してゆきます。

特長−スイッチング型

  • PFC(力率改善回路)付きソフトスイッチング方式採用で入力電流高調波を大幅に抑制
  • コンバータ部への新回路方式、IGBT素子の採用で高効率(92.5%)、高力率(1.0)を実現
  • ユニットのコンパクト化によりトップクラスの小型・軽量化を実現(従来品より体積30%、重量25%減)
  • VCCI1種適合の低ノイズ設計
  • プラグインタイプのユニット方式で負荷に応じたフレキシブルな容量増設が可能。また保守性も抜群

* サイリスタ型、FR型直流電源装置も製造しています。

用途

  • 移動通信用無線基地局
  • パケット交換機
  • マルチメディア多重化装置
  • ディーリング装置
  • 発電所、ガス供給施設
  • 石油、製鉄、化学プラント計測制御
  • 防災行政無線
  • 衛星地上局
  • デジタルPBX
  • 通信機交換機
  • 電力保安通信用
  • 浄水場
  • 列車ATS

システム構成

ページトップへ
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.