超高演色LED照明の特長について

1.演色性を追求した 美しい光

日本印刷学会推奨(色温度5,000K、演色性Ra≧95、R9〜15≧90)の超高演色を青色LED使用で実現。
屋内照明でありながら、太陽光の下でみたようなモノの色を再現します。

一般LED照明(5000K、Ra70) 超高演色LED照明(5000K、Ra97)

※演色性とは・・・
照明器具が被照射体を照らしたときに、その色の見え方に影響する光源の性質。
太陽光のような基準光で見た物体の色を100とし、試料光源で見た物体の色がどの程度再現できるかを示した数値を演色評価数と言う。

LED演色性 比較(昼白色5,000K)

従来のLEDでは再現しにくかった、R9(赤)、R12(青)が向上。
原色系の塗装色がキレイに見えます。

特殊演色評価数

2.紫外光を含まない 優しい光

基準光に近づける独自のスペクトル制御技術

発光に400nm以下の紫外成分を含まないので、照射物の光劣化が抑制できます。

3.LED最大の特長である高発光効率、長寿命を保持した超高演色を実現

短寿命の原因であり、部材の劣化をもたらす紫外光源を使用せず、高い演色性を可能にしました。

各発光方式の性能比較

サンケン電気 超高演色LED照明

サンケン電気 超高演色LED照明

発光素子から放出される青色成分をダイレクトに白色に使用。
高発光効率で紫外成分を含まず、照射物の光劣化を抑えます。

高発光効率 長寿命 UVレス

近紫外LED使用 超高演色LED照明

近紫外LED使用 超高演色LED照明

発光素子から放出される近紫外成分を蛍光体で赤色、緑色、青色の成分に変換。
そのときの変換損失が大きいため、発光効率が低くなります。

4.製品ラインアップ

40形直管形LEDランプ(G13口金)

40形直管形LEDランプ(G13口金)

昼光色 6,500 K 昼白色 5,000 K 電球色 3,000 K
型式 NVL12A0561BS1 NVL12A0551BS1 NVL12A0521BS
ランプ
光束
1,890 lm 1,890 lm 1,690 lm
消費
電力
21.3 W
*専用電源使用時
21.3 W
*専用電源使用時
21.3 W
*専用電源使用時
標準
価格
オープン オープン オープン

40形相当 LEDベースライト

40形相当 LEDベースライト

昼光色 6,500 K 昼白色 5,000 K 電球色 3,000 K
型式 NVR1GB04M261NSA NVR1GB04M251NSA NVR1GB04M221NSA
器具
光束
3,650 lm 3,650 lm 3,300 lm
消費
電力
42.4 W 42.4 W 42.4 W
標準
価格
オープン オープン オープン
調光調色 3,000 〜 6,500 K 調光調色 5,000 〜 6,500 K
型式 NVR1GB04Q4U1NSC NVR1GB04Q6U1NSC
器具
光束
2,600 lm 2,600 lm
消費
電力
34.8 W 34.8 W
標準
価格
オープン オープン

調光調色制御範囲

ページトップへ
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.