HOME > ニュース > 2015年 > グリーンニューディール政策に適合したハイブリッドLED照明をリニューアルされた国立科学博物館(地球館)に展示

2015年

グリーンニューディール政策に適合したハイブリッドLED照明をリニューアルされた国立科学博物館(地球館)に展示

2015年7月14日

サンケン電気が製造販売するハイブリッドLED照明が、7月14日にリニューアルオープンする国立科学博物館の常設展である地球館(地球生命史と人類)において、“地球史ナビゲーター・人間史“の中で”いまと未来をつくる科学/技術”として展示されます。

ハイブリッドLED照明とは、「太陽光・風力による発電」と「無停電電源装置(UPS)による蓄電」と「省エネのLED照明」を組み合わせた屋外設置型照明ポールであり、経済産業省の再生可能エネルギー等導入推進基金事業(「グリーンニューディール」基金制度)に適合した環境にやさしいLED照明器具として、また災害時には地域でのランドマークとして近隣の住民の方々に安心と安全を提供する非常用LED照明として開発しました。 ポール内部にUPSを内蔵したタイプなどのラインナップ拡充も今後進めてまいります。

国立科学博物館の今回のリニューアルに合わせ、地球館の”地球史ナビゲーター・人間史“の中の“いまと未来をつくる科学/技術”の一つとしてサンケン電気のハイブリッドLED照明が選定され展示されることになりました。

「同展示品は、「創エネ・蓄エネ・省エネ」のいずれの機能も搭載したハイブリッドLED照明です。同商品の機能・性能に関するコンセプトが、国立科学博物館のテーマである「人類と自然の共存をめざして」にマッチしており、サンケン電気の技術が“いまと未来をつくる科学/技術”として認められたものだと思います。これを機に、LED照明の応用製品開発をさらに進め、地球環境に貢献できる商品の提供を加速させていきたい。」(サンケン電気LED統括部 鈴木副統括部長)

サンケン電気は、光の質や機能を重視したLEDの開発力・製造技術を特徴としており、高機能LEDの開発と商品化に推進するとともに、これらの技術を融合させ、地球環境に対応したエコ商品である、ハイブリッドLED照明の開発に今後も注力してまいります。

ハイブリッドLED照明の仕様概要

型式 NVH112-00W0 NVH111-00W0 NVH122-00W0
タイプ 風力発電 定格50W(最大130W) なし
ソーラーパネル 90W x 2 90W x 1 90W x 2
バッテリー 38Ah x 3 38Ah x 2 38Ah x 3
LED照明タイプ 20VA 10VA 20VA
全光束 1,700lm 800lm 1,700lm
ポール 250口 250口 250口
点灯継続時間 6時間 6時間 6時間
無風・無日照日数 5日 5日 5日

国立科学博物館の概要

国立科学博物館リニューアルオープン:2015年7月14日(火)〜
URL : http://www.kahaku.go.jp/index.php
当社ハイブリッドLED照明の展示場所:地球館(北側)1階

問い合わせ先

PS営業統括部 LED照明営業グループ TEL:03−3986−6157(直通)
営業企画統括部 プロモーショングループ TEL:03−3986−6168(直通)


以上

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.