HOME > ニュース > 2013年 > フルモールドタイプDC/DCコンバータモジュール 「MPM80シリーズ」を開発 インダクタなどの主要部品を内蔵し、電源設計時間の削減、省スペース化に貢献

2013年

フルモールドタイプDC/DCコンバータモジュール
「MPM80シリーズ」を開発
インダクタなどの主要部品を内蔵し、電源設計時間の削減、省スペース化に貢献

2013年3月28日
MPM80シリーズ

サンケン電気株式会社はこのほど、フルモールドタイプの降圧型DC/DCコンバータモジュール「MPM80シリーズ」を開発、4月よりサンプル出荷を開始しますのでお知らせします。サンプル価格は800円(消費税別)。量産出荷は5月から月産40万個でスタート、2014年4月以降は月産85万個の出荷を見込んでいます。

1. 開発背景・製品概要

電子機器には、様々な直流電圧で動作するマイコンやLSIなどが搭載されており、これらに電力を供給するために、DC/DCコンバータが使用されています。

このDC/DCコンバータをICやインダクタなどの部品で構成する場合、部品の選定、回路設計、プリント基板のパターン設計などの電源設計時間が必要でしたが、電子機器開発のスピードアップに伴い、これらの削減が求められています。

そこで弊社では、ICやインダクタなどの主要部品をTO220F相当のフルモールド小型パッケージに内蔵し、わずかな外付け部品(※)だけでDC/DCコンバータが容易に構成可能なDC/DCコンバータモジュール「MPM80シリーズ」を開発しました。

「MPM80シリーズ」を使用することで、従来の三端子レギュレータと同等の面積と外付け部品点数で、高効率なDC/DCコンバータを実現できます。

※出力電圧可変タイプの「MPM80」は入出力の平滑コンデンサと出力電圧設定抵抗、出力電圧固定の「MPM81:3.3V」、「MPM82:5.0V」は入出力の平滑コンデンサのみ。

「MPM80シリーズ」は回路方式に高効率な同期整流方式スイッチングレギュレータを採用して損失を低減。また、放熱効果の高いフルモールド構造を採用しTO220F相当の小型パッケージでありながら出力電流2Aを実現(放熱板なしで1.5A)しました。

小型パッケージを採用したことで、同等の定格電流のDC/DCコンバータモジュールに比べ、体積で約40%の小型化を実現し、さらに基板面積の削減も可能にします。

2. 特長

(1) 自立型フルモールドパッケージ(※)にスイッチ素子、インダクタ等の周辺部品を内蔵

周辺部品の選定・評価期間の削減に貢献。
※樹脂部寸法:横10.0×縦さ16.9×厚み4.2;mm。

(2) 少ない外付け部品

入出力の平滑用電解コンデンサのみの簡単なアプリケーション。(出力電圧可変タイプの「MPM80」は電圧設定抵抗が必要。)

(3) 高効率な回路方式採用

動作周波数630kHzの同期整流方式降圧型スイッチングレギュレータ回路。

(4) 高効率

92% typ.(VIN=8.0V, Vo=5.0V, Io=0.5A時)。

(5) 低オン抵抗MOS FET内蔵

ハイサイド:100mΩ typ.、ローサイド:80mΩ typ.。

(6) 広い入力電圧範囲

DC8〜30V。

(7) 低ノイズ

サンケン独自のパッケージング技術により低輻射ノイズを実現(当社比)。

(8) 各種保護・付属機能搭載

過電流保護、電源電圧低下保護(UVLO)、過熱保護、ソフトスタート機能。

3. 用途

産業機器、通信機器、民生機器などの制御回路のオンボード電源。

4. 主な仕様

項 目 MPM80 MPM81 MPM82
回路方式 同期整流方式
降圧型スイッチングレギュレータ
入力電圧範囲 DC8〜30V
出力電圧 DC3〜16V DC3.3V DC5.0V
出力電流範囲 0〜2.0A(放熱板なし:0〜1.5A)
動作周波数 630kHz
保護機能 過電流保護
電源電圧低下保護(UVLO)
過熱保護
付属機能 ソフトスタート
質 量 約2.1g

以上

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.