HOME > ニュース > 2012年 > 業界初:導入後もユーザーが出力電圧仕様を再構成可能 セミカスタム電源「Cシリーズ」を発売 =トップクラスの高効率・低ノイズで医療機器安全規格にも対応=

2012年

業界初:導入後もユーザーが出力電圧仕様を再構成可能
セミカスタム電源「Cシリーズ」を発売
=トップクラスの高効率・低ノイズで医療機器安全規格にも対応=

2012年7月5日
C650

サンケン電気株式会社はこのほど、着脱可能な「DCセルモジュール」を組み合わせることで、出力電圧を自由に選択できるほか、導入後であってもユーザーが構成を変更可能にするなど、従来に無い概念のセミカスタム電源「Cシリーズ」(出力電力650W、形式名:C650)を開発しましたのでお知らせします。本製品は7月よりサンプル出荷を、9月より量産出荷を開始します。標準価格は45,500円〜(下表参照)、年間2万台の販売を予定しています。なお、「Cシリーズ」は、300W、450W品も順次発売し(11月予定)、ラインアップを充実させていく予定です。

ラインアップと標準価格(税抜き)

@本体(出力電力650W):22,000円
ADCセルモジュール


出力電力 出力電圧 1モジュール
50W品 5種:3.3V、5V、12V、15V、24V 3,500円
150W品 5,500円
75W品 2種(マルチ出力):±12V、±15V 4,000円

例:本体(出力電力650W): 22,000円+
DCセルモジュール:{(出力電力150W:5,500円)×3個}+(出力電力50W:3,500円)×2個}

1. 開発背景、製品概要

コンピュータ、通信機器などの産業用機器や医療機器などでは、高機能化、多機能化等に伴い、搭載されるICやマイコンの数が増加しています。そのため電源には、3.3V、5V、12V等々、多種多様な出力電圧の組み合わせを備えることが求められ、あらかじめ出力電圧が固定されている「標準電源」の中から選定することでは対応できなくなっています。

その一方で、それぞれの機器に合わせて必要な電圧を備えた電源を個別にカスタムで製作するとなると、高コストとなるだけでなく、設計から納品までの時間がかかるため、通常は、必要な出力電圧の組み合わせを事前に指定して導入する「セミカスタム電源」が使用されています。

しかし、産業用や医療用の機器は、導入後も、設備やシステムの拡張・増設、あるいは更新やランニングコストダウンのための一元化・縮小化などにより変更が生じる場合があり、それぞれの電源も仕様が変更されますが、この様な際にユーザーが電源を変更することは電源自体が危険電圧(*1)を含んでおり危険であることや、安全規格を再度取得しなくてはならず、場合によっては電源一式を買い換えることも必要となり、コストも過大になるという問題がありました。

加えて、医療機器におきましては、大型の商用絶縁トランスを使わず、電源単体だけで医療安全規格を満足する製品を求める声もありました。

そこで当社では、DC出力部を着脱可能なモジュールとし(DCセルモジュール)、またこれらとAC電源本体との接続部に1段のDCDCコンバータを加え当社独自にSELV仕様(*2)を導入することにより、設置・導入後でも、必要な出力電圧の「DCセルモジュール」のみを追加または差し替えることで、ユーザーが自由に電源仕様を組み換え、システムを再構成することができる新たな概念のセミカスタム電源、「Cシリーズ」、を開発しました。

「Cシリーズ」は、回路の最適化と部品選定の工夫により、DCDCコンバータを1段加えたにもかかわらず、従来品に比し約20%のコスト低減を図りました。

また業界トップクラスの低リーク電流を実現したことにより、同一モデルでの情報処理機器安全規格および医療機器安全規格の双方への対応を業界初で実現しました(*3)。

*1…
一般的にSELV(*2)を超える電圧のこと。従来の電源ではPFC回路とDCDCコンバータ回路間はDC380V。
*2…
Safety Extra Low Voltage(安全超低電圧)。安全規格IEC 60364-4 において定められ、非接地回路において交流 25V、直流 60V を超える場合には、直接接触に対する保護が必要とされる。
*3…
従来、医療機器向けに低リーク電流の規格を満たすためには、情報機器対応品のYコンデンサの容量を変更したモデルで対応するのが一般的でした。

2. 主な用途

  • 半導体製造装置、半導体試験装置、チップマウンタ、サーキットテスタ  
  • FA制御機器、ロボット等 産業機器
  • プリンタ、ディスクドライバ、ATM等のコンピュータ周辺機器
  • X線分析、検体分析等 分析装置
  • CT、MRI、超音波診断装置等 医療診断機器

3. 特徴

@ユーザーが出力電圧を自由自在に構成可能

多様な「DCセルモジュール」をラインアップしており、最大5セルまで自在に組み合わせることも可能。しかも低電圧給電(DC21V、SELV仕様)であるため、導入後もユーザーが交換可能。
*ホットスワップには対応していませんので、ご注意ください。

A0.5mA以下の低リーク電流対応

当社独自の電流共振コンバータ採用で、低ノイズおよび低リーク電流を実現。情報処理機器安全規格と医療機器安全規格の双方に基づく認定を同一モデルで初めて取得。

B業界トップクラスの高効率

ソフトスイッチング、同期整流方式の採用により業界トップクラスの高効率を実現(本体:93%、DCDC部:最大95%)。

C小型・軽量

ケース収納寸法は幅127×長さ279×厚さ63.5mm(*)。
DCセルモジュールは4層基板採用で、高密度実装(2W/cc)を実現。
*長さ寸法には端子台15.1mmは含みません。

D各種安全規格対応

UL60950-1, UL60601-1, EN60950-1, EN60601-1, C-UL 準拠。

E各種ノイズ規格対応

FCC-B, VCCI-B, CISPR22-B, EN55022-B 準処 。

F各種保護機能搭載

  • 出力過電流保護、過電圧保護
  • リモートセンシング 
  • リモートON/OFF
  • アラーム出力機能
  • 出力電圧可変ボリューム機能


参考資料

◆本体標準仕様

項    目 仕      様
入力 定格入力電圧 AC100V / AC240V
入力電圧範囲 AC85V〜AC132V / AC180V〜AC264V
力率 95%min
効率 89%typ / 93%typ
出力 定格電圧 DC21V
電圧精度 ±5%
定格電流 32A / 35A
その他 漏洩電流 0.3mAmax / 0.5mAmax
絶縁耐圧 1次-2次間  4kV
安全規格 UL60950-1, CSAN060950-1(C-UL), EN60950-1(TÜ V)
UL60601-1, CSAN060601-1(U-UL), EN60601-1(TÜ V)
製品外形 127mm×279mm×63.5mm
EMC FCC-B, VCCI-B, CISPR22-B, EN55022-B準処
動作温度 -20℃〜70℃(ただし、50℃以上では温度ディレーティングあり)

◆D/Dセルモジュール電源仕様


(50W)

製品名 C050S03 C050S05 C050S12 C050S15 C050S24
定格出力電圧 ※1 +3.3V +5V +12V +15V +24V
定格出力電流 10A 10A 5A 4A 2.5A
定格出力電力 33W 50W 60W 60W 60W
効率 87%(typ) 87%(typ) 92%(typ) 92%(typ) 95%(typ)
出力リップルノイズ 160mVp-p 160mVp-p 180mVp-p 180mVp-p 180mVp-p
定電圧精度 ±3% ±5%

(150W)

製品名 C150S03 C150S05 C150S12 C150S15 C150S24
定格出力電圧 ※1 +3.3V +5V +12V +15V +24V
定格出力電流 26A 26A 13A 10A 6.5A
定格出力電力 85.8W 130W 156W 150W 156W
効率 89%(typ) 89%(typ) 92%(typ) 92%(typ) 95%(typ)
出力リップルノイズ 160mVp-p 160mVp-p 180mVp-p 180mVp-p 180mVp-p
定電圧精度 ±3% ±5%

※1 ボリュームにより出力電圧の微調整可能

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.