2009年1月19日

出力電流3A、3相ブラシレスDCモータ駆動用IC
「SPI-6631M」を開発
プリドライブ回路と出力素子を1チップ化、実装面積を半分以下に

 サンケン電気株式会社は、プリドライブ回路と出力素子を1チップ化し、小型面実装パッケージに搭載したことで実装面積を半分以下に低減可能にした、3相ブラシレスDCモータ駆動用IC「SPI-6631M」(出力電流3A)を開発、サンプル出荷を開始しましたのでお知らせします。量産出荷は09年4月から当初月産3万個でスタート、10年4月以降は月産10万個の出荷を見込んでいます。サンプル価格(税抜き)は1,000円。

 
1. 開発背景・製品概要
    コピー機のドラムや洗濯乾燥機の温風送風ファンなど様々な機器には、低電圧駆動の50W程度の3相ブラシレスDCモータが使用されています。それらモータの駆動回路は、マイコンなどのコントローラにプリドライブ回路と出力素子をディスクリート構成で外付けすることが一般的です。
 しかし、機器の小型・高密度化が進み、モータ駆動回路に対しても実装面積低減の要求がありますが、ディスクリート構成のため低減には限界がありました。
 そこで、弊社では、ディスクリートで構成されていたプリドライブ回路と出力素子(MOSFET 6個)を、BCDプロセス技術(*)で1チップ化、小型面実装パッケージに搭載したことで、ディスクリートで回路を構成する場合に較べ、実装面積を半分以下に低減することを可能にした、3相ブラシレスDCモータ駆動用IC「SPI-6631M」を開発いたしました。
 「SPI-6631M」は過電流保護、過熱保護、低電圧保護回路を内蔵しており、また、それら保護回路が働いたことを知らせる機能を搭載していますので、機器の信頼性向上に貢献します。
 さらに、IC化したことで部品点数を5分の1以下に削減可能ですので、部品の検討・管理工数低減に貢献します。
(*)1チップ上にアナログ回路の制御に使われるバイポーラと、動作が速くデジタル制御回路に適したCMOS、大電流出力に適するDMOSを一体化するウエーハプロセス技術。
 
2. 特徴
 
(1) 小型面実装パッケージ採用
HSOP16ピンパッケージ(樹脂部寸法:12.2×7.5×2.5mm)。
(2) シーケンスフリー設計
「SPI-6631M」の電源とコントローラ(CPUなど)の信号入力のシーケンス回路不要で使用可能。
(3) ハイサイド/ローサイドMOSFET同時ON防止機能搭載
マイコン暴走時やノイズ重畳時でもハイサイド/ローサイドMOSFETの短絡が発生せず、回路の誤動作・破壊を防止。
(4) 動作時にフェイル信号を出力する各種保護回路搭載
・過電流保護
・過熱保護
・低電圧保護
 
3. 用途
  コピー機のドラムモータ、工業用ロボットの駆動モータ、自走式掃除機の走行モータ、
洗濯乾燥機などの各種ファンモータ、他
 
4. 仕様概要
 
項目 記号 定格値 単位
主電源電圧 VBB 13〜33 V
出力電流 IO ±3.0 A
出力MOSFETオン抵抗 RDS(ON) 0.4 Ω
以上
ページトップへ
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.