HOME > CSR情報 > 活動報告 > 2016年CSR活動ハイライト

2016年CSR活動ハイライト2016年CSR活動ハイライト

当社技術を利用した貢献活動
当社技術を利用した貢献活動

LED「ペットボタル®

当社製品のLEDおよび回路技術を活用したLED「ペットボタル®」とよばれるオリジナル商品を使用したイルミネーションイベントを行政の主催により、毎年開催しています。石川県輪島市では6年前から、富山県富山市では4年前から実施され、当社から技術提供させていただいています。
地元地域の活性化は当社グループの人材確保をはじめ、様々なインフラの強化にもつながります。
今年は、初めて大分県豊後高田市でもイルミネーションイベントを開催いたしました。

LED「ペットボタル®」とは?

当社は地域活性化のために「ペットボタル®」と呼ばれる太陽光発電パネル付LED(発光ダイオード)を使用し、各地行政に技術供与をしています。
「ペットボタル®」の仕組みは容器に「太陽光パネル」、「充電池」と「LED」を組み込んだもので、昼の太陽エネルギーで発電・蓄電し、暗くなるとLEDが自動的に点灯するというシンプルな発光装置です。
化石燃料による発電ではなく、太陽光エネルギーを利用するものなので地球環境に優しく経済的と大変評判をいただいています。

「水仙岬のかがやき」(福井県越前町)2年目

開催期間:2017年3月12日〜5月28日
LEDペットボタル®:16,100個

この地域の「越前岬水仙ランド」の周辺は日本水仙の三大群生地として知られています。
水仙をイメージしたLED「ペットボタル®」で電飾の花を咲かせました。
最初は白と黄色が点灯し、30分後に緑と紫に変わります。

「輪島・白米千枚田あぜのきらめき」(石川県)6年目

開催期間:2016年10月15日〜2017年3月12日
LEDペットボタル®:21,000個

日本海を望む棚田とあぜ道を幻想的に照らす光がピンクとゴールドに30分ごとに美しく変化します。

「虹のかけはし」(富山牛岳温泉スキー場)4年目

開催期間:2016年7月23日〜9月11日
LEDペットボタル®:28,000個(7色)

冬はゲレンデとなる斜面に水平に張った鎖へ吊り下げる方法で「ペットボタル®」を設置し、七色の虹を演出しました。

「千年のきらめき」(大分県豊後高田)初開催

開催期間:2016年11月19日〜2017年1月13日
LEDペットボタル®:10,000個

世界農業遺産である田染荘小崎地区の農村景観は、平安時代から千年変わらぬ水田区画を現在に残しています。
今年、初の試みとして1万個のペットボタル®を田んぼのあぜに設置し、幻想的な雰囲気を醸し出しました。

〜西能登・富来のきらめき〜 里浜桜貝廊

石川県能登地方の海岸は日本海の荒波により造り出された「能登金剛」や夕日が美しいスポットで知られています。
日本の小貝三名所の一つである増穂浦海岸には、長さ4キロメートルの海岸線に約500種類の貝が打ち寄せられ、「幸せを呼ぶ貝」と呼ばれる「さくら貝」は縁起の良い物として親しまれています。また、海岸を見渡す丘の上には、「世界 一長いベンチ(1987年ギネス認定)」があります。

今回、地域資源を活かした交流人口拡大推進事業の一環として、地方創生加速化交付金を受け「西能登里浜イルミネーションときめき桜貝廊」イベントを実施いたしました。
道の駅(世界一長いベンチ)や宿泊施設周辺において、地域資源を活かしたイルミネーションを設置することにより、交流人口の拡大を図る目的で開催され、サンケンオプトプロダクツが協力いたしました。

イルミネーションイベント実施前に志賀町内の小中学生を対象にLED「ペットボタル®」の工作教室を行い、その工作教室で製作されたLED「ペットボタル®」を本イベントに使用いたしました。

【工作教室】
(1)日時:夏休みの期間中
(2)場所:志賀町内各小中学校
(3)参加人数:1,340名

【西能登里浜イルミネーション ときめき桜貝廊】
(1)開催期間:
2016年10月1日(土)〜2017年1月10日(火)
(2)場所:
世界一長いベンチ・道の駅とぎ海街道周辺
(石川県羽咋郡志賀町富来領家町)

Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.