HOME > CSR情報 > コーポレートガバナンス > CSRの取り組み

CSRの取り組み

経営理念の実践を通して、CSRの実現を目指します
経営理念の実践を通して、CSRの実現を目指します

サンケングループのCSR

サンケングループの理念体系は、経営理念、行動指針、コンダクトガイドライン(行動基準)の3つで構成されています。

経営理念

  • 私たちは、半導体をコアビジネスに、パワーエレクトロニクスとその周辺領域を含めた最適なソリューションを提供することを使命とし、世界各国の産業・経済・文化の発展に寄与する。
  • 私たちは、常に技術力と創造力の革新に努め、品質の確かさを追求する。さらに顧客と価値観を共有し、独自の技術をもってグローバルに事業を展開する。
  • 私たちは、従業員一人ひとりを尊重し、すべての従業員に公正に接する。また、従業員は信頼される個人、そして企業人として成長するよう努める。
  • 私たちは、技術と創造を重んじる企業人として、高い倫理観に依って業務を遂行し、公正さと高潔さをもって顧客や取引先に対して接する。
  • 私たちは、株主のために会社の価値を最大限に高め、社会的な責任を果たし、環境との調和に努める。
サンケン電気株式会社
サンケングループ

以上の理念体系をもとにCSRの基本方針ができています

サンケングループCSRの基本方針

  1. 倫理法令を遵守した公明正大な行動
    企業は社会の一員であり、当社は「誠実」な企業活動を通して社会の信頼に応える。
  2. 総合技術力による省エネ製品の提供
    持続可能な社会環境の実現に向け、当社は固有技術を集結して環境問題の解決に努める。
  3. 利害関係者(ステークホルダー)との良好な関係
    当社とさまざまな関係を有する個人、団体、地域に対して、必要な対話と協力を行う。
Copyright SANKEN ELECTRIC CO.,LTD.